会社をやめたい会いたくない|退職代行の体験談

退職代行

今回は、退職代行サービスについて説明するとともに、退職代行会社を利用した方々の体験談を紹介し、お勧めの退職代行サービスもあわせて紹介していきます。

会社を「すぐにやめたいけどやめられない」「やめたい、でも上司に会いたくない」「やめたいけど言い出せない」更には「やめたいけどやめさせてくれない」など、さまざまな理由で退職できずに悩んでいる人が数多くいます。

このような悩みを長い間抱えているとストレスが蓄積され、精神的な追い詰められてしまう恐れがあります。

こんな時の心強い味方として、注目されているのが退職代行サービスについて紹介していきましょう。

退職代行とは

退職代行とは、一言でいえば依頼者に替わり会社に対して、退職の意思表示をするためにこれを伝えるなどの支援を通して、依頼者の退職をサポートするサービスです。

実は会社をやめることは、すべての労働者に与えられた権利なのです。つまり会社をやめるときに、会社に許可を得る必要はなく、会社に申し入れをすればいいのです。

会社に対して、退職の申し入れをすると、2週間後に退職(会社との雇用関係の解約)が成立します。

しかし、多くの人は、このことを知らず、「言っても認められないから」とか、「やめたいけど会いたくない」などの理由で退職できずにいます。

このような状況において、会社と依頼者との間に入り、会社に依頼者の意思を伝え、必要なサポートを行い、依頼者の退職を後押ししてくれるのが退職代行サービスです。

以下の記事も見てみてください。

退職代行の体験談

Aさんの例 転職先が決まっているのにやめられない

長時間労働とサービス残業にいやけがさし、Aさんは転職を決めて、転職活動の結果運よく内定をもらうことができました。

入社予定の3か月前になり、上司に退職を申し出ましたが、後任が見当たらないという理由で、引き止められました。

以降、何度も繰り返し話し合いが求められましたが、そのたびに引き止められました。

入社予定の1か月前になり、上司から退職届を突然返却され、更には社長から呼び出しを受け「非常識だ」「この会社がどうなってもいいのか」「どんな会社に行っても通用しない」「責任感がない」などと罵倒されました。

「これでは会社をやめることができない」と精神的に追い詰められ、退職代行を行う弁護士事務所に相談しました。

その結果、Aさんは当初の計画通りの日に退職することができました。

Bさんの例 過労死ラインを超える残業

Bさんは「頻繁に頭が痛いと言っていた同僚が、亡くなってしまった同じような働き方をしている自分も死んでしまうのではないか。」と恐ろしくなり、退職代行を行う弁護士事務所に相談しました。

最高残業時間150時間、相談時の直近の月の残業時間も100時間で、厚労省の「過労死ライン100時間」を上回る残業時間でした。

日ごろから、上司からは「おまえはいつになったら死んでくれるんだ?」などと罵倒されながら働いていたとのことです。

こんな環境で働き続ければ、体の健康や精神的にもおかしくなってしまうと判断し、退職代行を開始することとしました。

依頼者のBさんには、以降、一切出社する必要はないことを伝えるとBさんは、本当に安心した様子でした。

結果として、Bさんは、一切出社することなく、退職することができました。

さらには、未払いの残業代請求とパワハラによる慰謝料を請求し、これを勝ち取ることができました。

Cさんの例 高圧的な上司と引継ぎをしたくない

仲間と起業するために、8年間働いていた会社を退職することを決めたCさんは、1月末の段階で3月末に退職したいと伝えました。

するとこれまでに見せたことのないような高圧的な態度で、上司は

「君はいいかもしれないが、それでは困るんだよ。会社のことも考えてもらわないと。君をここまでにするのに、会社はどれだけの投資をしてきたと思っているのか。」

それ以降、上司は一転して冷たい姿勢でCさんに接するようになりました。

しかし、上司から人事部には、さすがに退職のことは伝えられているだろうと思い、確認したところ人事部では一切聞いていないとの回答でした。

これに困り果ててしまったCさんは、退職代行を行う弁護士事務所に相談に行きました。

早速、代行業務として、Cさんの退職届を会社に送ると、相手の弁護士から「出社して、上司同席のもと業務の引継ぎをしてほしい」との申し入れがありました。

これに対して、依頼者は上司には怖くて会えないので、メールベースで引継ぎを行いたいとの申し入れを行いました。

すると、先方から事細かな質問事項が送られてきたため、代行業者の仲介により1件ずつ丁寧に回答していくことにより、無事、退職を行うことができました。

Dさんの例 悪夢のような職場から解放されたのに...

飲食店の店長を行っていたDさんは「2年間休んだことがない、死にそうだ」と退職代行を行う弁護士事務所に相談しました。

会社のオーナーからは「やめたら損害賠償を請求する」といって脅され、やめるにやめられずに働き続けていたとのことです。

早速、相談を受けた弁護士事務所は退職代行を開始し、オーナーに対してDさんの意思を伝えると、あっさりと退職することができました。

ところが、退職の数日後にDさんはなくなってしまったのです。2年間、休みなく働き続けてきたDさんの体はぼろぼろの状態であったのではないかと考えられます。

この弁護士事務所では、残された遺族とともにその後、労災の認定と損害賠償請求に向けて戦っているとのことです。

Eさんの例 学校時代のいじめがフラッシュバック

「わからないことがあれば何でも聞いてほしい」と言いながら、聞くと「自分で考えて行動してほしい」と言われ、考えた末に行動すると「何を勝手にやっているんだ」と叱責されました。

こうしたことが2日に1回の割合で起こるようになり、ストレスが溜まっていきました。

ある時、Eさんの姿を見た上司がEさんの姿を揶揄し、このことが周囲に受けて、それがきっかけになりEさんをいじり始めるようになりました。

学校時代にいじめにあっていたことがフラッシュバックするきっかけになり、それ以降、上司を前にすると委縮してなにも言い出せなくなってしまいました。

突然高熱を出すようになり、周りからもおかしいと言われるようになりました。

「この会社で働き続けることは、緩やかな自殺行為に等しい、ここにいてはいけないと考えるようになり、退職代行に相談し、その結果、会社をやめることができました。

会社をやめたいと思っても、このように上司にそれを言い出すことすらできない状況において退職代行の支援は、とてもありがたいサービスです。

Fさんの例 労災扱いにはできない

就職するときに、できないことははっきり伝えておいたにもかかわらず、就職すると、そんなことはお構いなしに色んなことを押しつけられました。

クレーム案件や警察沙汰になった案件なども担当させられる羽目になりました。

精神的に疲弊し、拒食症になってしまい2週間で5kgもの体重が減ってしまいました。

仕事中に自転車で転倒した時に、それを気遣うことばは一切なく「労災扱いにはできない」のみ。

足と腰をけがして、しばらくの間動けなくなり、この間にやめる決意をして、退職代行に依頼しすることで、無事退職することができました。

Gさんの例 毎日、罵声を浴びながら仕事

Gさんはいつも自分の能力を上回る結果を求められ、ノルマを達成することができない日々でした。

そんなGさんにイラついていた上司から毎日のように「うっとうしい」「頭がおかしいんか?」などと人格を否定するような言葉で罵声を浴び、次第に精神的に疲弊していきました。

「こんなことなら会社をやめよう」と決心した時に、周りの同期は誰も残っていませんでした。

なかなか退職の決心がつかなかったのは、同僚がやめようとしたとき、上司から5時間にもわたり上司から責め立てられている姿を見たからです。

自分は、同期と同じような目には会いたくないとの思いから、退職代行に相談し無事に退職することができました。

会社をやめることは全ての労働者の権利

会社をやめることは、全ての労働者に与えられた共通の権利です。

会社をやめるにあたり、会社に許可をもらう必要はないのです。会社に対して退職届により、退職することを伝えるだけでいいのです。民法627条第一項で定められています。

労働者は、会社との契約を行い働いています。

労働者が、この契約に対して「解約」の申し入れ(退職届)を行うと、2週間後に、両者の雇用関係は自動的に消滅します。

要するに退職届を出せば、2週間後には会社をやめられるということが、法律で定められているということです。

しかし、残念ながら多くの人はこのことを知らずに、「会社の許可を得なければやめることができない」と誤解しているのです。

会社を辞める前はかなり悩んでいましたが、やめてからは悩んでいた自分情けなくなるくらい、すがすがしい気持ちになりました。

会社を辞めても死にませんし、人生は続きます。大事なことは本当に嫌なことからは逃げることです。毎日、いやだなと思いながら会社に通う意味が分かりません。

死ななければ勝ちです。死んだら終わりです。会社を辞めてからは毎日ハッピーです。

                            「退職代行マニュアル」(*)より

とはいっても、これを行うことが難しい場合に、退職代行サービスがあるわけです。

おすすめの退職代行サービス

以下に、お勧めの退職代行サービス会社を紹介します。

最初の「退職代行JOBS」と3番目の「退職代行ガーディアン」は、一般の退職代行サービスです。

2番目の「みやびの退職代行サービス」は、弁護士事務所が行う退職代行サービスサービスです。

ほとんどの場合、最初の2社で対応可能ですが、会社の間で交渉が必要であったり、話がこじれる可能性がある場合には、最初からみやびの退職代行サービスをお勧めします。

退職代行JOBS

退職代行JOBSは弁護士指導の下、依頼者に替わり代行処理を進めるにもかかわらずとてもリーゾナブルな価格のため、多くの実績があります。

退職代行JOBSの代表が、自ら就業の挫折を経験しているからこそ、「会社をやめたい」依頼者の気持ちをしっかりくみ取り、代行してくれる会社です。

これまでの退職率は100%です。退職の代行を依頼したすべての人が、無事、退職できていることが最大のアピールポイントです。

このため、依頼して退職ができなかった場合の返金保証制度があるんですが、適用事例が1回もありません。

サービスの特徴とサポート内容

弁護士指導

安心して転職できるよう顧問弁護士指導の下、支援します。

顧問弁護士監修とうたっていて、顧問弁護士が顔を出し、正面から代行の安全性を守っているのは、退職代行JOBSが業界初です。

会社との交渉が必要な場合には、労働組合と連携して会社と交渉するため安心です。

全額返金

もしも退職代行を依頼しながら、退職できなかった場合は全額返金されます。しかし、これまで、この全額返金制度を適用した例はありません。

つまり、依頼者が全員、退職できていますのでとても安心して、頼むことができます。

追加の費用は一切不要

案件に関わることなく、追加の費用は一切不要です。

無事に退職ができるまでに必要な経費は全て27,000円(+組合員費2,000円)に含まれています。

現金後払いでもOKです。(審査はあります。)

全国対応

すべての都道府県で代行の実績があります。

ですので、日本国内であれば、どこにある会社の退職代行にも対応できます。

期間無制限

退職できるまで、期間無制限でサポートします。

退職代行を依頼して、正式にサポートが開始された場合、サポートが終了するのは、退職ができた場合だけです。

退職できてないけど3か月たったからとか、半年経過したから、サービスを打ち切りますということはありません。

会社への出社・連絡

依頼者から会社への出社や連絡は必要ありません。

退職の手続きを進める上で、会社へ出社しなければならないといったことは一切ありません。

有給休暇

一般的に、ほとんどの会社員の場合、有給休暇は消化しきれずに残っているものです。

しかし、有給休暇は、会社員としての正当な権利ですので、退職前に全て取得したいものです。

この有給休暇を取得するための申請を無料でサポートしてくれます。

転職サポート

無料の求人紹介サービスで転職をサポートします。

申込方法

最短30分で手続き完了できます。24時間対応で、即日会社に対して退職連絡も可能です。

事前の相談は、こちらからライン、電話、メールで相談することができます。

こちらから申し込むことができます。↓

みやびの退職代行サービス

みやびの退職代行サービスは、弁護士法人みやびの弁護士が、依頼者の退職を丁寧にフルサポートしてくれます。

担当の弁護士の方がついてくれるので、依頼者の退職意思を会社に伝えるだけではなく、しっかりと交渉まで行ってくれるので安心です。

なので、価格は多少高めですが、スムーズに退職を受け入れてくれる可能性が低く、会社との交渉が必要となる難易度の高い退職の場合には、是非おすすめしたい退職代行サービスです。

サービスの特徴とサポート内容

即日円満退職

会社に一切出社する必要なく、最短で退職代行を依頼したその日に退職でき、会社との直接のやり取りは一切不要です。

請求&交渉

有給の消化、残業代、退職金、未払いの給与を請求し、必要であれば、しっかりと交渉して対応してくれます。

全国対応

日本全国、どこの会社でも対応してくれます。

損害賠償請求

損害賠償請求まで行うことができますので通常は、退職困難と思われるケースでも大丈夫です。

無料相談

ラインやメールで24時間いつでも無料相談できます。

申込方法

無料の相談を受けることで、「退職代行を使ってみたい」となったら、依頼をすることにより、今後の流れ、入金案内などの情報が提供されます。

料金

料金は、以下の合計となります。

  • 着手金:55,000円(税込)、オプション費用:回収額の20%(残業代、退職金請求)
  • 実費:郵送料など
弁護士みやび法律事務所概要
  • 弁護士 佐藤 秀樹
  • 所属弁護士会 第一東京弁護士会
  • 〒105-0012 東京都港区東新橋1丁目1−21 今朝ビル 5階
  • 電話番号 0120-977-727

こちらから申し込むことができます。↓

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアンは、東京都労働組合が認める法人格の合同労働組合です。

結局何がいいかというと、一般的な退職代行会社と同様に低価格料金でありながら弁護士の運営する退職代行事務所と同じように、組合員の代理として会社との交渉権を持っているということです。

従って、退職代行会社のように依頼者の意思を単に会社に伝えるだけではなく、場合によっては、合法的に会社側と交渉することができるという点が大きな特徴です。

サービスの特徴とサポート内容

安心・安全

東京都労働委員会に認められている合法的な労働組合組織のため、安心・安全に退職をサポートしてくれます。

即日退職

相談をした当日以降、会社に出社する必要はありません。その対応は、全てガーディアンが行うため安心です。

料金一律

全ての依頼に対して、同じ料金で統一されており、更に追加料金は一切かかりません。

会社・上司への連絡は一切不要

会社とのやり取りは、全てガーディアンが行うため依頼者が会社へ連絡する必要は皆無です。

退職届、会社への貸与品の返却なども郵送で問題なく対応できます。

代理人として交渉可能

一般的な退職代行会社とは異なり、弁護士事務所と同様に、依頼人に替わり会社と交渉を行うことが、合法的に認められています。

100%退職可能

過去において、退職できなかったケースは1件もなく100%退職を実現できています。

うるさい会社であったとしても、団体交渉を起こして依頼人を会社から完全に守りますので安心です。

申込方法

LINEまたは、電話(0800-123-0290)にて無料相談を行います。

相談の結果、退職代行を委託することになった場合、支払を行います。

クレジットカードまたは銀行振込により指定された口座への振り込みを行います。

振込が完了すると、退職代行が開始されます。

料金

 一律29,800円で別途費用は発生しません。

銀行振込:銀行振込:みずほ銀行 赤坂支店(539)口座番号:普通 1811169 
口座名義:東京労働経済組合

クレジットカード:VISA、JCB、AMERICAN EXPRESS、ダイナースクラブ

まとめ

すべての会社員には、仕事を獲得して、働く権利があります。

しかし残念ながら、色んな事情で会社を「やめたい、でも話し出せない」「やめたい、会いたくない」人がいます。

このような場合に、退職代行サービスは救いの神です。

もし、話し出せなくて、悩んでいる方は、まずは、無料相談から始めてみてほしいと思います。

少しの勇気を出すことで、必ずや全く違う未来が開けてきます。

頑張ってください。

参考資料

本稿を執筆するにあたり以下の本を参考にさせていただきました。

ありがとうございました。

  • 退職代行マニュアル 桐畑昴 著 扶桑社
  • 退職代行を使う前に読む本 清水隆久・増森俊太郎・吉田名穂子 (株)インプレス
  • 退職代行 小澤亜希子 SB新書

コメント

タイトルとURLをコピーしました