【2023年版】仕事を辞めたいかわりたい|IT業界経験者が転職して年収アップ

IT転職支援

「仕事を辞めたいかわりたい」と考えるIT業界での経験者のあなたは、転職して収入を増やしたいと思っていませんか?

そんなあなたに最適なガイドがここにあります。

この記事では、経験豊富なITプロフェッショナルが、どのように転職を成功させて収入を増やすか、また、自分のスキルを活かして経済的な成功とキャリアアップを達成するための方法を説明します。

さらに、目標に到達するための方法をステップバイステップで提案します。では、さっそく経験豊富なITプロフェッショナルとして収入を増やす方法をご紹介しましょう。

転職するデメリットとメリット

はじめに、転職を行うことによるデメリットとメリットを整理してみます。

転職するデメリット

新たな人間関係構築

これまでの会社から新たな会社に移るために、新たな人間関係を作る必要があります。会社内における上司や同僚との人間関係、社外的には取引先との関係構築が必要です。

同じ業界内における転職の場合はこれまでの社外の人脈を活用できますが、異なる業界に移る場合にはほぼ最初から作り直しとなるため、それなりの労力と期間が必要です。

新たな仕事に対応するまで時間を要する

これまでのスキルや経験が活用できる企業への転職を考えれば、大きな労力と時間はかからない可能性もあります。

しかし全ての仕事にはその背景、前提条件やこれまでの経緯、すでに出来上がっているもの(例えばサービスやシステム、ソフトウェア)などをまずは、理解するところから始めなければこれを引き継いでいくことはできません。

このため、これらの作業にはそれなりの時間を覚悟する必要があります。

退職金、企業年金への影響

20代の若い人の場合、さほど気に留める必要はありませんが、年齢が高くなるほど慎重に判断する必要があります。

結局、会社を定年で退職するときの退職金は勤続年数と、在籍期間における給与の平均値がベースになります。

このため、高齢で会社を替わるほど勤続年数は分断されるため退職金が少なくなるため注意しなければなりません。

転職するメリット

雇用条件改善 残業、休日、通勤時間

普通だと考えていた毎月数十時間の残業時間が劇的に削減される場合や、年間の休日の日数や有給休暇が比較的自由に取得できるようになる場合も考えられます。

これらの改善に加え、通勤時間の改善も期待できます。

年収アップ、待遇

しっかりとした経験やスキルを武器に転職エージェントを上手に活用することで、数百万円の年収アップや待遇の改善につながることもあります。

一般社員であったものが、経験やスキルを認められ主任、課長や部長、場合によっては事業部長や役員として受け入れてくれるケースもあります。

やりたい仕事に就ける

今の職場ではできなかったけれど、長い間やりたいと思っていた仕事に就ける可能性があります。

何をやりたいのかをはっきりとさせて上で、転職エージェントの力を借りて転職活動を行い実現できる可能性も十分にあります。

転職する場合に注意すべきこと

優先順位を確認する

優先したいことをあらかじめ決めた上で転職活動を行うべきです。想定される項目として一例を挙げれば以下のような項目が考えられます。

  • 年収アップを第1優先として転職先を選択する。
  • チャレンジしたい、もしくは取り組みたい担当業務を優先する。
  • 企業の知名度や規模、安定性を優先する。

「年収のみで決める」というより「年収と担当する業務内容」など、複数の項目を総合的に考えながら最終判断すべきです。

しかし「最も優先すべきことは何か?」を頭の中に置くことで、ぶれることはなく企業の選択ができます。

自分のスキルを客観的に評価する

自分ができることや得意とすること、逆にできないことや苦手なことをしっかりと認識して整理しておくことで、例えば面接時に自分を効果的にアピールすることができます。

例えば、物事を決めるときに「優柔不断」であることが苦手なことであるとします。

これは「物事を判断するときに、常に冷静で慎重に判断することができる」と言い換えることができます。

この様に表現を変えれば苦手なことがあたかも得意なことのような印象を与えることができます。

雇用条件などの基本的なことをチェック

意外と今働いている会社は残業時間が少ない、年休も比較的自由に取得できるからといって、転職先の会社も同じとは限りません。

当たり前と思っていることでも、入社してみたら違っていたということがないように基本的なことも含め、しっかりと事前に調査しておくことが必要です。

調べて分からない場合には、転職エージェントの担当者に確認する、面接のときに確認してみる、など方法は色々と考えられます。

待遇、年収などの条件をチェックする

転職先の企業では、どんな立場や待遇で受け入れてくれるのか、聞きにくいことですがこの点はとても大切なことなので事前に確認しておきましょう。

また、年収については、自分の希望条件と企業側の提示条件との間での調整となるのが一般的です。

希望条件は、しっかりと転職エージェントに伝えるとともに調整を頼みます。

ニーズへの対応可能性の確認

転職先の企業が、転職者を募集している理由と、自分に対して何を求めているのか。

転職した場合に具体的に何をどのように期待されているのかを確認した上で、自分が、その期待に応えることができるかを見極めた上で応募するかを決めるべきです。

「年収アップ、雇用条件、待遇も申し分がないから応募したい」となりますが、転職後に期待に応えることができずに、短期間で退職せざるをえなくなることも考えられます。

このようなことにならないように、事前に調査の上で応募するかどうかの判断が必要です。

年収をアップする方法

経験を積む

エンジニアであれば、社内における各種プロジェクトや開発に参加して、実績を積んでいくことです。

これらの実績が全て、自分の実力として仕事を進めていく際の大きな力となります。

同時に転職する場合には全て業務経歴書などに実績として記述することで、自分を強くアピールすることになり転職に成功し、年収アップ達成につながります。

スキルアップ

自分の担当する仕事に関連する知識を習得したり、資格を取得するなどを通して自己研鑽を継続していきます。

会社によっては、特定の資格取得に対して、手当の支給があったりスキルアップに対しては、待遇の改善や年収アップにつながっていきます。

ステップアップ

今働いている会社において、実績を積んでいくことでステップアップしていく方法です。

自分で描いたスキルパスに従い、今の会社でステップアップしていけるとの判断があれば、あとは頑張っていくのみです。

転職する

年収アップできる一番の近道は転職かもしれません。

但し前提としては、これまでの仕事における実績や保有スキルを武器にして、転職することが条件です。

仕事における実績としっかりとしたスキルがあれば、アピール方法だけ考えれば大丈夫です。
転職エージェントと2人3脚で年収アップを獲得していけるはずです。

フリーランス

保有する固有技術やスキルをもって、フリーランスとして頑張っていく方法もあります。

成功すれば、会社勤めを軽々と超える大きな収入が得られるはずです。

ある日突然「明日からフリーランスで頑張る」といって、会社をやめるなどは論外です。

まずは、サイドワークとして、Webベースでの仕事を受けるなど助走期間を設け、ある程度の見通しが立った時点でフリーランスに切り替えていく方法が現実的です。

上手な転職エージェントの選択と利用方法

転職を成功させるためには、転職エージェントとの良好な関係を構築し、上手に活用していくことです。

転職エージェントの上手な活用方法を紹介しておきましょう。

複数のエージェントに登録

転職エージェントは、1社に絞る必要はありません。調査して、お願いしたいと判断した場合には、複数社にエントリーすべきです。

異なる特徴のエージェントの併用

複数のエージェントに登録する場合のことです。

エージェントは色んな特徴があります。ITやWeb系に特化したエージェント、ハイクラスに特化したエージェントや多くの実績を持ち色んな分野の提案ができるエージェントなど様々です。

異なる特徴をのエージェントを選択して複数登録することが効果的な転職活動につながるはずです。

信頼できるエージェントとの2人3脚

いくつかの転職エージェントに登録すると、担当者からヒアリングを受けます。

その後、電話やメールなどを通してコミュニケーションを続けていくと信頼できそうなエージェントの担当者が出てきます。

信頼できそうなエージェントには、出来るだけ自分の状況や悩みなどをぶつけることによりエージェントに自分を理解してもらうように努めます。

そうするとエージェントも期待に応えようと対応をしてくれるようになり、いい結果に結びついていく可能性が高まります。

おすすめの転職エージェント

エンジニアとして長い間経験を積んできた筆者からみて、おすすめの転職エージェントを5社厳選して紹介します。

これらの転職エージェントは、IT業界において、実績を積んできた経験者の転職をしっかりとサポートしてくれます。

レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT業界に精通しているアドバイザーが、転職希望者とのヒアリングを通して、市場における価値を的確に把握した上で適切な企業を紹介してくれます。

首都圏・関西・福岡への転職を希望する方は、利用してみる価値はあるでしょう。

特徴・エンジニア転職専門
約7割が年収アップ
転職支援Web業界に詳しい専門のアドバイザーが転職をサポートしてくれるIT業界に特化した転職エージェント
保有求人数約1.7万件
非公開求人数非公開
実績・創業15年の支援実績
4,000社以上の実績
対応エリア首都圏・関西・福岡
こちらです→

リクルートエージェントIT

リクルートエージェントITの最大の特徴は、業界最多の求人数を保有する点です。

従って、他の特化エージェントと併用してここも利用してみると条件に合う求人を紹介してもらえる可能性が他可能です。

エントリー後、エージェントとの相性が悪い場合には、すぐに変更してもらうことも可能なようです。

利用者のことを色々と考えていることも好感を持てます。

特徴・業界最大の求人数
・年収600万円以上の求人が約8割
転職支援最大の特徴は業界最大の求人数を保有していること、転職希望者を30年以上に渡り支援してきたことは大きな安心感がある
保有求人数約8.4万件
非公開求人数約9.2万件
実績約5万2千人以上の実績
対応エリア全国
こちらです→

テッククリップス

テッククリップスはITエンジニアの転職に特化した転職エージェントで、コンサルタントがすべて現役のエンジニアである点が大きな特徴です。

このため、転職希望者との技術的に深い話をすることができ、その結果、マッチング度の高い企業を紹介してもらえる可能性が高いと評判です。

特徴コンサルが現役のエンジニアのため求人のミスマッチが少ない
転職支援現役エンジニアがコンサルのため、技術的に深い話ができるために安心感がある
保有求人数110件以上
非公開求人数非公開
実績1.5万人以上の実績
対応エリア首都圏
こちらです→

ギークリー

ギークリーはIT業界全般に強い転職エージェントで、利用者の約76%が、転職によって年収アップを勝ち得ています。

中には数百万円の年収アップを獲得できた利用者もいるとのことで、保有する経験やスキルによっては同様の転職が実現可能です。

特徴・IT全般の求人に強い
約76%が年収アップ
転職支援ギークリーにおける転職サポートは、ゲーム業界、Web業界を含めIT業界全般に強く偏りがない点が大きなポイント
保有求人数約1.3万件
非公開求人数1.7万件以上
実績・創業11年の支援実績
・8,500人以上の支援実績
対応エリア全国
こちらです→

ビズリーチ

ビズリーチはIT業界に特化したエージェントではなく、広く様々な業界の転職をサポートするエージェントであり、対象はハイクラスとしています。

従って、技術的にとても高いスキルや大きな実績を持っている転職利用者は利用してみる価値のあるエージェントです。

彼らが保有する非公開の求人から、希望条件にマッチする求人を紹介してくれる可能性が高いからです。

特徴ハイクラスに特化した転職エージェント
・ただし、これまでの実績や経験が問われる
転職支援登録しさえすればヘッドハンターからスカウトの声がかかる
保有求人数約8.4万件
非公開求人数非公開
実績非公開
対応エリア全国、海外
こちらです→

おすすめの転職エージェント まとめ

レバンテックキャリア・Web業界に詳しい専門のアドバイザーが転職をサポート
・約7割が年収アップ
リクルートエージェントIT・業界最大の求人数8.4万件
・転職希望者を30年以上に渡り支援
テッククリップス・コンサルが現役のエンジニアのため求人のミスマッチが少ない
・首都圏への転職希望する場合は利用価値あり
ギークリー・IT全般の求人に強い
・約76%が年収アップ
ビズリーチ・ハイクラスに特化した転職エージェント
・高いスキルや実績を有する場合は、大幅な年収アップの可能性期待

さいごに

IT業界における経験者が転職するメリットやデメリット、注意点、年収アップの方法などについて説明してきました。

昔は、企業に就職すれば終身雇用が保証され、会社に忠誠を誓い、会社に従っていればあとは何も考えなくてもよいというある意味、いい時代が続いてました。

しかし現在ではこの考え方はとっくに崩壊し、自分でしっかりとしたスキルパスを描いたうえで、経験、スキルを積み上げながら、目標とする姿を目指していくことが、人生においてとても重要になっています。

転職を考える場合は、ここに紹介したエージェントにまずはアクセスしてみてください。

そこから、全てが始まるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました