【2023年版】仕事を辞めたいかわりたい|IT業界での転職は難しくない!

IT転職支援

IT業界における転職は不安なものですが、しっかりとした情報を得ることで、転職をよりスムーズに行うことができます。

この記事では、IT業界への転職の難しさと、転職をスムーズに行うための方法についてご紹介します。

読者の皆さんは、持つべき重要な経験やスキル、そしてできるだけシームレスな転職を実現する方法について学ぶことができます。

他の仕事を探すにせよ、キャリアを完全に変えるにせよ、この記事はあなたを成功に導くでしょう。

それでは、IT業界における転職の世界へ飛び込んでみましょう。

転職するデメリットとメリット

まずはじめに、転職を行うことによるデメリットとメリットを整理してみます。

転職するデメリット

新たな人間関係構築

これまでの会社から新たな会社に移るために、新たな人間関係を作る必要があります。会社内のおける上司や同僚との人間関係、社外的には取引先との関係構築が必要です。

同じ業界内における転職の場合はこれまでの社外の人脈を活用できますが、異なる業界に移る場合にはほぼ最初から作り直しとなるため、それなりの労力と期間が必要です。

新たな仕事に対応するまで時間を要する

これまでのスキルや経験が活用できる企業への転職を考えれば、大きな労力と時間はかからない可能性もあります。

しかし全ての仕事にはその背景、前提条件やこれまでの経緯、すでに出来上がっているもの(例えばサービスやシステム、ソフトウェア)などをまずは、理解するところから始めなければこれを引き継いでいくことはできません。

このため、これらの作業にはそれなりの時間を覚悟する必要があります。

退職金、企業年金への影響

20代の若い人の場合、さほど気に留める必要はありませんが、年齢が高くなるほど慎重に判断する必要があります。

結局、会社を定年で退職するときの退職金は、勤続年数と在籍期間における給与の平均値がベースになります。

このため、高齢で会社を替わるほど勤続年数は分断されるため退職金が少なくなるため注意しなければなりません。

転職するメリット

雇用条件改善 残業、休日、通勤時間

普通だと考えていた毎月数十時間の残業時間が劇的に削減される場合や、年間の休日の日数や有給休暇が比較的自由に取得できるようになる場合も考えられます。

これらの改善に加え、通勤時間の改善も期待できます。

年収アップ、待遇

しっかりとした経験やスキルを武器に転職エージェントを上手に活用することで、数百万円の年収アップや待遇の改善につながることもあります。

一般社員の立場から、経験やスキルを認められ主任、課長や部長、場合によっては事業部長や役員として受け入れてくれるケースもあります。

やりたい仕事に就ける

今の職場ではできなかったけれど、長い間、やりたいと思っていた仕事に就ける可能性があります。

何をやりたいのかをはっきりとさせて上で、転職エージェントの力を借りて転職活動を行い実現できる可能性も十分にあります。

転職に失敗する理由

多くの転職者の中で、「転職はできたけれど、こんなはずではなかった」と後悔する人が後を絶ちません。主な理由を以下にまとめてみました。

イメージしていた仕事と違った

「新規開発の仕事ができると思っていたのに、保守・運用ばかりやらされた」「プログラミング開発の仕事ができると思っていたのにテストばかりやらされた」など、入社前に聞いていた説明と異なる仕事を担当させられるケースです。

これは入社時に担当業務について、はっきりとした文書なりで取り交わしが行われないために、会社側と転職者が、夫々都合の良いようにとらえた結果発生するトラブルです。

自分の保有スキルが使えない、通用しない

「表示系のプログラミング経験は豊富なのに、通信系のプログラミングばかりを担当させられる」といったケースです。

前例と同様の理由で、はっきりとした文書で事前の取り交わしがなかった、もしくはあったとしても、その条件が不十分であったことが考えられます。

仕事にやりがいが感じられない

イメージしていた業務内容と異なるためやりがいを感じられなくなる、求められる技術レベルが低く感じられてまたは高すぎてやる気が出ないなどの理由が考えられます。

期待していた給与がもらえなかった

「入社前に提示された給与が実は、残業時間込みの給与で期待外れだった」ということがあります。

このケースもしっかりと文書で条件提示を受けていない場合や、受けていたとしても条件などが正確に記述されていない場合に発生します。

職場に慣れない、溶け込めない

「職場が閉鎖的で、自分を受け入れてくれそうにない」といったケースがあります。

転職者の勝手な思い込みの場合もあるため、すぐに決めつけるべきではありません。

職場に少しずつ溶け込んでいけるように自ら積極的にアプローチしていく姿勢を継続して見せれば、そのうち必ず突破口は見いだせるはずです。

早計に結論を出すべきではないと思います。

上司が気に入らない

いくら気に入らなくても、仕事上のコミュニケーションを取るために割り切って接していく、大人としての対応が時には必要です。

にもかかわらず、このことを理由にやめてしまう(あきらめてしまう)のは論外です。

労働時間、休日などが事前に調べたのと異なる

「残業は殆どない」と言っておきながら、実は全く実態と異なっていた。有給休暇を取れるような雰囲気ではないというケースです。

転職回数が多すぎる

転職が所定回以内であることを採用条件の1つとしている会社が中にはあります。

転職回数3回以内、4回以内などです。

これは、就職した会社が気に入らないからといって、簡単にやめてしまうような人は、「根気や我慢が足りない」などの理由で、入社しても長続きしないであろうとの考え方に基づいています。

IT転職に失敗しないための方法

スキルパスをしっかり描く

例えば3年後、5年後にどうなりたいか?どのような立場で、どのような仕事をしたいか?という目標を具体的に考えてみます。

「開発のリーダーとして、後輩を率いて開発プロジェクトをけん引していきたい。年収は○〇円はほしい。」

とした場合、今の自分に何が足りないのか、プログラミングスキルとマネージメントスキル

とすれば、これらを強化するために今年は何をして来年何をして、3年後に何をすれば達成できるか?を具体的に考えてみます。

しなければならないことが具体的になるほど「頑張って目標達成するぞ!」という前向きな気持ちになるものです。

しっかりとした転職の準備

必要なスキル・知識を習得

プログラマであれば、プログラミング技術を磨いていくのは当然のこととして、関連する技術分野の書籍を読んで技術の幅を広げるとともに固有技術力を深めていきます。

客観的に評価してもらえるように関連する資格の取得を進めるのもいいと思います。資格は、はっきりと履歴書や業務経歴書でアピールできるからです。

経験を積む

社内外の各種プロジェクトや共同開発に率先して参加し、与えられたテーマに対して積極的にゴールを目指して進めていく地道な作業を繰り返すことにより、技術力、問題解決力、コミュニケーション力などをつけていきます。

これらの成果を、転職の際の業務経歴書に記載してアピールしていきます。

信頼できる周りの人の意見を聞く(同僚、先輩、親)

転職にはタイミングがとても大切です。

自分の仕事力は、転職後もやっていけるレベルか?自分に対する世の中のニーズはあるか?(市場価値はあるか?)を理解した上で転職すべきか?の判断が必要です。

そのためには、冷静なアドバイスが期待できる、信頼できる第3者に相談してみるのがいいと思います。

転職エージェントのサポートを仰ぐ

複数の転職エージェントにエントリーして、信頼できそうな担当者を探してエージェントの力を最大限利用することができれば転職の成功につながっていくはずです。

応募したい企業をしっかりと調べる

「年棒を第1優先に考えたい」など、転職先の企業に何を優先して求めるのかをはっきりとさせたうえで、自分の求める条件を満たしているかどうかを確認することからスタートします。

希望する条件に満足する企業をリストアップしたら、その他の条件をあわせて確認します。

第1の条件(年棒)をクリアしていた場合、待遇、休日、残業時間、職場環境などの確認を行います。

例えば今の会社では、残業がほとんどない場合にそれが「あたりまえのこと」と考えると大きな落とし穴に落ちる可能性があります。

月数十時間の残業が当たり前の会社もあるからで、このことを見落としてしまう可能性が出きます。全ての条件を注意深く調査していく必要があります。

計画を立てる

いつまでに転職をするか、そのために何をするか。現在のプロジェクトを完了して「実績と経験を積んだ後に転職する。」

それが半年後であるとすると、それまでに必要な準備を進めます。

転職作業の流れ
転職エージェントに登録➡職務経歴書・履歴書作成➡エージェントのインタビュー➡企業面接➡条件調整➡内定➡転職

などの流れがあります。

会社における準備
会社の仕事を継続➡(内定をもらった時点で)退職を伝える➡業務引継ぎ資料作成➡引継ぎを行う

以上の2種類の対応を並行して進めなければなりません。

これらを時間軸上に計画していく必要があります。

転職難易度

転職する場合の難易度は、年齢や保有スキル、経験によって大きく変わります。それぞれの視点で整理していきます。

年齢によって難易度が変わる

20代

20代の場合、経験がゼロであっても浅い経験であっても採用してくれる企業は必ずあります。

第2新卒と同等の扱いでポテンシャル(伸びしろ、可能性)を評価してもらえれば比較的容易に採用してくれる可能性があります。

30代中盤くらいまで

IT業界において、数年程度の経験や実績があれば採用してくれる企業があります。

可能であれば、出来るだけ具体的な業務実績もしくは、関連資格を取得していると比較的スムーズに採用してくれる可能性が高くなります。

40歳くらいまで

IT業界は、常にエンジニアをはじめとして人手が不足しているため、しっかりとした経験と実績があれば40歳くらいまでは採用してくれます。

会社にもよりますが、シニアレベルのマネージャもしくはエンジニアとして40代中盤くらいまで採用してくれる会社もあります。

保有スキル、経験によって難易度は変わる

IT業界において必要とされる技術を有するエンジニアは多岐に分類されます。

Webシステム、業務用システム、組込みシステムやこれらの分野において横断的に必要とされるITコンサルやシステムエンジニアなどです。

IT業界では専門化が進んでいるため、自分が保有する技術や経験が、募集する企業側とマッチすればあっさりと転職できる可能性が高くなります。

希望転職条件によって難易度は変わる

主要な転職条件として、次にあげる項目によって難易度は大きく変化します。

企業側が必要とする技術分野(専門分野)の経験とスキルを持っているかどうかで転職の可能性は大きく影響されます。

希望する年棒を上回る提示をしてくれている企業側のニーズを上回るスキルや経験を持っているかどうかによって、転職の可能性は大きく影響されます。

満足できる処遇を提案してくれている企業側のニーズを上回る経験やスキルを持っているかどうかによって、転職の成否は変わってきます。

  • 技術分野(専門分野)
  • 年棒
  • 転職先における処遇

「希望する技術分野の企業であり、希望する年棒を上回る提示をしてくれている企業であり、期待以上の処遇を用意してくれる企業」というように、すべての条件を満たしてくれる企業を探そうとすると難易度が高くなります。

このため、何を最も優先するのか優先順位をつけて転職先候補を絞り込んでいくべきです

おすすめの転職エージェント

IT業界において、それなりの実績を積んできた経験者が転職により、年収アップを獲得できるようしっかりとサポートしてくれる転職エージェントを厳選して紹介していきます。

レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT業界に精通しているアドバイザーが、転職希望者とのヒアリングを通して、市場における価値を的確に把握した上で適切な企業を紹介してくれます。

首都圏・関西・福岡への転職を希望する方は、利用してみる価値はあるでしょう。

特徴・エンジニア転職専門
約7割が年収アップ
転職支援Web業界に詳しい専門のアドバイザーが転職をサポートしてくれるIT業界に特化した転職エージェント
保有求人数約1.7万件
非公開求人数非公開
実績・創業15年の支援実績
4,000社以上の実績
対応エリア首都圏・関西・福岡
こちらです→

リクルートエージェントIT

リクルートエージェントITの最大の特徴は、業界最多の求人数を保有する点です。

従って、他の特化エージェントと併用してここも利用してみると条件に合う求人を紹介してもらえる可能性が他可能です。

エントリー後、エージェントとの相性が悪い場合には、すぐに変更してもらうことも可能なようです。

利用者のことを色々と考えていることも好感を持てます。

特徴・業界最大の求人数
・年収600万円以上の求人が約8割
転職支援最大の特徴は業界最大の求人数を保有していること、転職希望者を30年以上に渡り支援してきたことは大きな安心感がある
保有求人数約8.4万件
非公開求人数約9.2万件
実績約5万2千人以上の実績
対応エリア全国
こちらです→

テッククリップス

テッククリップスはITエンジニアの転職に特化した転職エージェントで、コンサルタントがすべて現役のエンジニアである点が大きな特徴です。

このため、転職希望者との技術的に深い話をすることができ、その結果、マッチング度の高い企業を紹介してもらえる可能性が高いと評判です。

特徴コンサルが現役のエンジニアのため求人のミスマッチが少ない
転職支援現役エンジニアがコンサルのため、技術的に深い話ができるために安心感がある
保有求人数110件以上
非公開求人数非公開
実績1.5万人以上の実績
対応エリア首都圏
こちらです→

ギークリー

ギークリーはIT業界全般に強い転職エージェントで、利用者の約76%が、転職によって年収アップを勝ち得ています。

中には数百万円の年収アップを獲得できた利用者もいるとのことで、保有する経験やスキルによっては同様の転職が実現可能です。

特徴・IT全般の求人に強い
約76%が年収アップ
転職支援ギークリーにおける転職サポートは、ゲーム業界、Web業界を含めIT業界全般に強く偏りがない点が大きなポイント
保有求人数約1.3万件
非公開求人数1.7万件以上
実績・創業11年の支援実績
・8,500人以上の支援実績
対応エリア全国
こちらです→

ビズリーチ

ビズリーチはIT業界に特化したエージェントではなく、広く様々な業界の転職をサポートするエージェントであり、対象はハイクラスとしています。

従って、技術的にとても高いスキルや大きな実績を持っている転職利用者は利用してみる価値のあるエージェントです。

彼らが保有する非公開の求人から、希望条件にマッチする求人を紹介してくれる可能性が高いからです。

特徴ハイクラスに特化した転職エージェント
・これまでの実績や経験が問われる
転職支援登録しさえすればヘッドハンターからスカウトの声がかかる
保有求人数約8.4万件
非公開求人数非公開
実績非公開
対応エリア全国、海外
こちらです→

おすすめの転職エージェント まとめ

レバンテックキャリア・Web業界に詳しい専門のアドバイザーが転職をサポート
・約7割が年収アップ
リクルートエージェントIT・業界最大の求人数8.4万件
・転職希望者を30年以上に渡り支援
テッククリップス・コンサルが現役のエンジニアのため求人のミスマッチが少ない
・首都圏への転職希望する場合は利用価値あり
ギークリー・IT全般の求人に強い
・約76%が年収アップ
ビズリーチ・ハイクラスに特化した転職エージェント
・高いスキルや実績を有する場合は、大幅な年収アップの可能性期待

さいごに

IT業界における経験者が転職するメリットやデメリット、転職に失敗する理由失敗しないための準備やスキルパスの設定方法などについて説明してきました。

昔は、企業に就職すれば終身雇用が保証され、会社に忠誠を誓い、会社に従っていればあとは何も考えなくてもよいというある意味、いい時代が続いてました。

しかし現在ではこの考え方はとっくに崩壊し、自分でしっかりとしたスキルパスを描いたうえで、経験、スキルを積み上げながら、目標とする姿を目指していくことが、人生においてとても重要になっています。

転職を考える場合は、ここに紹介したエージェントにまずはアクセスしてみてください。

そこから、全てが始まるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました