【2023年最新】企業経験者が教える内定辞退代行を利用すべき人

内定辞退代行

入社を希望する会社から内定をもらったのはいいけれど、すでに他の会社への入社を決めてしまったため断らなくてはいけない場合にどうすればいいでしょうか。

単純に考えれば、お断りの電話をすれば済むようにも考えられますが、

  • 人事担当の方にはとても親切にしてもらったため単純に電話して断りづらい。
  • 会社側では入社希望者を受け入れるために準備を進めているかもしれない。

など会社側のことを思い浮かべると、簡単には電話しづらいケースもあると思います。転職エージェントが入っている場合でも同様にエージェント側の事情を考えれば同じはずです。

この様な場合に、依頼者に替わり会社や転職エージェントに対して依頼者の意思を伝えてくれるのが内定辞退代行です。

プロの代行業者が会社や転職エージェントとやり取りをしてくれるため、依頼者は一切、会社へアクセスする必要がないためストレスを感じることなく内定を辞退できることが大きな利点です。

この記事を読むと、内定辞退代行の以下ののことが分かります。

 ✔ 内定辞退代行のメリットとデメリット
 ✔ 内定辞退代行を利用すべき人
 ✔ 内定辞退代行を利用するときに注目すべきこと
 ✔ 内定辞退代行の具体的な流れ
 ✔ 内定辞退代行の体験談
 ✔ おすすめの内定辞退代行

この記事は、30年以上にわたり企業で製品開発を行いマネージャとして社員の採用にも携った経験を有する筆者が内定辞退代業者各社に対して1社ずつ個別にヒアリングした結果に基づき作成しています。

2023年最新 お勧めの内定辞退代行5選

           お勧め度ポイント※1 当日内定辞退 実績 全額返金制度 サービスエリア その他の特徴 費用 公式サイト
👑1位 81 内定辞退成功率100% 全国 ・内定辞退代行の専業業者
・1回の料金で5社まで対応
24,800円(学割19,800円)    リクセル    公式サイトへ
👑 80 内定辞退成功率100%
支援実績1,000件程度
全国 業界最安値 弁護士監修  10,000円  退職代行ネルサポ  公式サイトへ
👑3位 68 非公開 なし 全国 1回の料金で5社まで対応 22,000円 退職代行アクロサポート公式サイトへ
👑4位 58 2019年5月~
40~50名程度
なし 全国 労働者、学生問わず利用可 29,000円※2  退職代行JOBS  公式サイトへ
👑5位 50 非公開 なし 全国 労働者、学生問わず利用可 29,800円 退職代行ガーディアン 公式サイトへ

※1 個別に調査・ヒアリングした結果から代行実績、特徴、費用をポイント化し総合的にお勧め度合いのランキングを決定。個々の具体的な採点内容はこちらからご確認ください。
※2 内訳:代行料金27,000円+組合員費2,000円

それではもう少し詳しく内定辞退代行を見ていきましょう。

内定辞退代行とは?

内定辞退代行とは、内定をもらった企業に対して依頼者に替わり内定辞退の意思を伝えてくれるサービスです。

依頼者にとっては、企業に連絡する必要がないことからストレスを感じることなく断ることができるため便利なサービスです。

企業における採用活動、求職者から見ると企業選びの活動は、両者のお見合いみたいなものです。

従って両者が合意して初めて求職者は企業へ入社する訳ですが、その合意がなければ当然途中で破棄することは問題ありませんしやむをえません。

しかし企業側とすれば採用活動を行うためにコストをかけているので、内定を辞退する場合には道義的に誠意ある対応が求められます。

内定辞退代行のメリットとデメリット

内定辞退代行を利用する場合、メリットとデメリットの両面が存在します。両者を比較しながらデメリットに勝るメリットが得られると判断すれば利用すべきと思います。

メリットとしては、

  • 会社とのやり取りが一切不要
  • 会社への対応に伴うストレスが一切かからない
  • 会社への説明方法を考えるなどの時間を費やす必要がない

などが挙げられ、他方でデメリットは費用が掛かることです。

こちらの記事も参考にしてみてください。

内定辞退代行を利用すべき人

以下のケースに対して、冷静に対応できる自信が持てない場合には、内定辞退代行を利用すべきと思います。 (または、確実に断るために内定辞退代行の利用を検討してもいいと思います。)

断りの電話をすると説得される可能性がある人

相手は企業の採用担当者が多いため、内定者を入社させることには責任があります。加えてこれまでの経験を踏まえ、効果的な説得方法を心得ているはずです。

結果として説得されてしまう可能性がある人は、代行業者を利用すべきです。

断りの電話をして怒られるのが嫌な人

企業側として内定を出したということは、内定者が入社することを前提として、諸々の準備を進めています。内定を辞退することはある意味裏切られたともとられかねず、人事担当者によっては感情的になる人がいてもおかしくはありません。

このような場合に耐えられないと考える人は、代行業者の利用を考えた方がいいかもしれません。

断りの電話をするのが申し訳ないと思う人

企業側の人事担当者が誠意を持った対応をしてくれるほど、常識をわきまえている人ほど申し訳ないという気持ちが強くなるはずです。この状況でも、個人的な感情は抑えて冷静に断る必要があります。

申し訳ないという気持ちが強く、どうしても連絡することにためらいがある場合には代行を検討したほうがいいでしょう。

内定承諾書を提出したから辞退できないと考える人

内定承諾書は企業からの内定通知に対して、これを受けて入社することを約束するいわば契約文書です。しかし約束を取り交わしても、しかるべき理由で「入社を取りやめます」との意思表示をすれば、法的にその2週間後には誓約書は無効になります。(民法627条1項に定める労働契約の解約権の行使)

自ら「入社を取りやめます」との意思表示ができそうにない人は、代行に相談してみた方がいいでしょう。

内定辞退代行業者を選ぶときに注目すること

内定辞退代行を選ぶ場合、どんなところに注目して選択すべきなのでしょうか。その注目ポイントとして代行の実績、サービス内容、費用を挙げて説明します。

実績

内定辞退を支援した数が多いほど、信頼感が増してきます。実績を積む過程で様々な課題対応を行い、それらがノウハウとなって社内で蓄積されているから利用者としても安心できます。

逆にノウハウの蓄積がなければ実績数を伸ばしていくことは困難です。

サービス内容の確認

以下のようなケースに対応できるのかを事前に確認する必要があります。

  • 依頼者の立場(学生、会社員)に対応できるか
  • 自分が利用しようとする対象(会社、転職エージェント、病院など)に対応してくれるか
  • 複数回の代行に対応してくれるのか など

代行費用の確認

一般の代行業者の費用は1~3万円程度までとばらつきがあります。自分の利用条件に合い、納得できる価格の業者を選びましょう。

内定辞退代行の具体的な流れ

内定辞退代行の流れ

内定辞退代行は具体的にどのような流れで進められていくのでしょう。全体の流れを上の絵で確認しながら、確認してみましょう。

①内定辞退代行の無料相談窓口で相談すると、②代行業者は依頼者の状況をヒアリングしてくれます。③代行業者への依頼を決めると費用を入金します。

その後、④代行業者は依頼者と取り決めた日時に会社へ連絡し内定辞退の意向を伝えます。最早だと、当日もあります。⑤会社へ連絡後、内定辞退が確定するので、依頼者にその結果を伝えるという流れです。

こちらの記事でも確認してみてください。

内定辞退代行の体験談

ランサーズを利用して、実際に内定辞退代行を利用したことのある経験者の方に話を伺いました。生の経験談をこちらから確認してみてください。

おすすめの内定辞退代行

お勧めの内定辞退代行としてリクセル、ネルサポ、アクロサポート、退職代行JOBS、退職代行ガーディアンの5社を厳選し、サービスの特徴、各社の比較結果を踏まえたランキングを紹介しています。

こちらから確認してみてください。

さいごに

この記事では以下のことについて解説してきました。

 ✔ 内定辞退代行のメリットとデメリット
 ✔ 内定辞退代行を利用すべき人
 ✔ 内定辞退代行を利用するときに注目すべきこと
 ✔ 内定辞退代行の具体的な流れ
 ✔ 内定辞退代行の体験談
 ✔ おすすめの内定辞退代行

内定辞退代行を利用すればストレスなく内定を辞退できるけど当然それなりの費用がかかります。従って、人事担当者に伝えることが難しい場合に限り、確実に内定辞退を行うための有効な手段として利用してもいいと思います。

また、本稿では実際に内定辞退代行を利用する場合にどんな点に注目して業者を選ぶべきか、具体的な代行の流れ、代行体験談、そして最後にお勧めの代行業者をお勧め順に5サービス紹介しました。

内定辞退を確実に行い、希望する企業への入社を果たし新たなスタートを切れるようにしましょう。

2023年最新 お勧めの内定辞退代行5選

           お勧め度ポイント※1 当日内定辞退 実績 全額返金制度 サービスエリア その他の特徴 費用 公式サイト
👑1位 81 内定辞退成功率100% 全国 ・内定辞退代行の専業業者
・1回の料金で5社まで対応
24,800円(学割19,800円)    リクセル    公式サイトへ
👑 80 内定辞退成功率100%
支援実績1,000件程度
全国 業界最安値 弁護士監修  10,000円  退職代行ネルサポ  公式サイトへ
👑3位 68 非公開 なし 全国 1回の料金で5社まで対応 22,000円 退職代行アクロサポート公式サイトへ
👑4位 58 2019年5月~
40~50名程度
なし 全国 労働者、学生問わず利用可 29,000円※2  退職代行JOBS  公式サイトへ
👑5位 50 非公開 なし 全国 労働者、学生問わず利用可 29,800円 退職代行ガーディアン 公式サイトへ

※1 個別に調査・ヒアリングした結果から代行実績、特徴、費用をポイント化し総合的にお勧め度合いのランキングを決定。個々の具体的な採点内容はこちらからご確認ください。
※2 内訳:代行料金27,000円+組合員費2,000円

コメント